剣道の防具は正しく選ぼう│剣道具アドバイザー

スポーツ

甲手を選ぼう

面

手のひら部分は破れやすい

剣道をする時に竹刀を握り、手首への攻撃を守ってくれるのが甲手です。甲手の場合、竹刀を強く握る為手のひらの部分から破けていくと言われています。その為、人によってはどの防具よりも真っ先に甲手がダメになるという人も多いのです。剣道の防具は1つ1つが高額な為、甲手1つ買い換えるにしても数万円の費用がかかってしまいます。しかし、甲手の場合は手のひら部分だけ張り替えることも可能なのです。特に成長期の小学生や中学生の場合であれば、甲手のサイズが今後も大きく変化していきます。甲手そのものを買い換えるよりも張替えを検討した方がよいでしょう。甲手は業者に頼まなくとも自分で張替えることが出来ます。自分で張り替えることで剣道の防具にかけるお金を減らすこともできるでしょう。

自分に馴染んでくる

剣道で使用する甲手は基本的に使い始めの時は硬くて使いにくいのが特徴です。しかし、使っていくにつれて自分の手のひらの形に馴染んできます。甲手の素材が柔らかく、縫い目までこだわっているものであれば馴染みも早いと言われています。その為、甲手を選ぶ時には、縫い目までこだわっているタイプを選ぶのが良いでしょう。特に手刺し防具は人の手で1つ1つ縫い合わせているので、馴染みやすいのに加えて長持ちするとも言われています。その後もずっと使い続けたいのであれば手刺し防具を選んでみても良いでしょう。一度自分に馴染んだ甲手はかなり使い心地が良いものです。手刺し防具は少し高くなりますが、使い心地や丈夫さなどのメリットは多いでしょう。

Copyright© 2015 剣道の防具は正しく選ぼう│剣道具アドバイザーAll Rights Reserved.